NPO法人 いちごの会

2017.12.10 灯りのともる小さなお家ワークショップ

 「灯りのともる、小さなお家」のワークショップを行いました。 共立女子大学の学生が、2017年6月に開催した

「子どものまち・いえワークショップ提案コンペ」で優秀賞に選ばれた企画です。

各住宅内を個々に照らす「灯り(照明)」が、暗がりのまちを照らし出す「灯り(照明)」にもなるという

住宅内とまち中という異なる2つの視点から灯りを感じてもらうことを目的として開催しました。

当日は紙芝居を利用して企画の説明をし、その後グループに分かれて、

身近な廃材を使用して秘密基地づくりを行いました。

秘密基地づくりでは、牛乳パックやダンボール等の遮光性材料と、ビニール傘やペットボトル等の透光性材料をつかい、

子どもたちのたくさんのアイデアが詰まった作品になりました。

完成した後は、会場を消灯し、秘密基地内に設置したランプを点灯することで、

各秘密基地から溢れる灯りを観賞しました。